フィンペシア 副作用

フィンペシアとその副作用

フィンペシアの副作用症状のとして出るある可能性があるのは以下のとおり。
⇒肝機能障害、食欲不振、勃起不全(勃起障害(ED))、性欲減退、体のだるさ、精力減退、うつ、
女性が使うと退治への悪影響、体毛増加、心臓の痛み、動機etc...

 

特に注意しておかないといけないのは、肝機能障害だと思います。
他の副作用についてはあくまでネット上の噂だったり、副作用の度合いが弱い等と言われたりもしているようですが、
肝機能障害については実際数値を測定後、肝機能数値が下がったと言う人もいるようです。
そもそもあなたがフィンペシアの副作用を心配しているということは、プロペシアを既に皮膚科からもらって服用されているということだと思います。
ただ、フィンペシアに関しては日本未認可ですし、世界中にフィンペシアに偽物が売られていたり、薄毛を促進する薬が混ざっていたりもするようです。
たしかにフィンペシアはプロペシアより圧倒的に安くていいですが、間違った購入をしてしまうと本末転倒。
しかもフィンペシアの成分フィナステリドで世界中では薬剤訴訟や大きな問題となっている事例がたくさんあります。
それほど間違った使い方をしてしまっては危険を伴う薬だということを忘れてはいけません。
フィンペシアの副作用で、後々引けない重症を負うケースだってゼロではないですから。
個人的にはいくら料金が高くてもちゃんとAGAクリニックに通って適切な治療を受けるべきだと思います。